So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

菜園総括 2016 [菜園]

菜園総括

2016年も残り少なくなりました。そこで、この1年、ぼくんち
の菜園で何が行われたのか簡単に記しておきます。

ろくに手入れもしてもらわないまま冬を越した玉ねぎとにんにく
は、思いもよらぬ豊作で、おすそ分けに恵まれた身内をおおいに
喜ばせました。うちにはまだ少し残っていて、もう葉を出し始め
ています。

IMG_0959.JPG

網袋に入れて物置の中に吊るしっぱなしにしていたにんにくなんか
ちょっと見ない間に芽を出してこんな状態です。

IMG_0960.JPG

       IMG_0965.JPG

それを見て気づいたのですが、やはり大きな種には立派な芽が出る
ようです。動物でも同じでしょうなあ。

以下は、6月に入ってから玉ねぎとにんにくのあとに植えたものです。

ミニトマト2本、大玉トマト1本。安い苗の割にはよく育ちました。
もっと養生すればいい実が出来たのでしょうが、いつもの事で反省
しきり。

ナス3本。つい先日までご馳走になりました。秋茄子、最高です。

かぼちゃ。苗を3本植えたのですが、去年の半分も取れませんでした。
つるは立派になったんです。何か足りなかったんでしょう。

IMG_0473.JPG

これは冬至に食べるためにとってある、そのうちの1個です。

IMG_0967.JPG

きゅうり3本。いくらも出来なかったです。なのにカラスにやられた
りして散々でした。これは連作障害が出てるのかも。

スイカ2本。2本とも駄目になって植え替え。時期的にも遅くなった
ためか取れたのは3個だけ。中身は黄色で味もお粗末でした。やはり
スイカは赤くて甘くなくっちゃ。でもあの苗が唯一入手できたのです。

IMG_0461.JPG

ズッキーニ2本。木は大きくなりましたが、取れたのは数本。実は
沢山付いたのですが、成長せず先っぽから腐っていきました。誠に
残念な現象でした。

唐辛子,しし唐、ピーマン各1本。よく出来てくれました。
最後の収穫は3日前で、まだ冷蔵庫に入っています。

IMG_0664.JPG

今年のサツマイモは、正直言って不作でした。品種はベニアズマ
なのに、白い芋ってどういうこと? 少ない収量の半分が色違い
というのも不思議です。

IMG_0431.JPG

          IMG_0663.JPG

IMG_0660.JPG

収量が少ないことに関する心当たりが一つあります。苗を植える
ために立てた畝の幅が狭すぎたのかも。

中にはこんな変種もありました。これは私の執着の表れでしょうね。

IMG_0930.JPG

ここからは今年苗を植えたのではない作物です。

紫つる草。これはもう5年越しで自然に生えてきます。勿論初回は
私が植えたのですが、以来、自分が落とした種が発芽して、毎年
美味しい葉っぱを供給してくれます。

IMG_0950.JPG

       IMG_0940.JPG

IMG_0947.JPG

種は黒に近い紫色で、すごく栄養がありそうですが、試食したことは
ありません。色が凄くてこわ~いのです。

ゴーヤ。これには驚きましたね。昨年ゴーヤを作ったところに、
春になって自分で生えてきたのです、3本も。揃って見事に育ち
堪能するに充分な収量でした。

ニラ。年中、千切って食べています。略奪され続けて痩せ細って
いますが、便利なもんで、つい、ね。

IMG_0954.JPG

ブルーベリー。略奪し続けてもう4年。どんぶり鉢に盛り付けて
鷲づかみでほお張ります。か細い木ですが、その結実の強かさ
には、あやかりたいものがあります。IMG_0942.JPG

目にもいいんですってね。その紅葉も、目にとても優しい赤です。

柿。今年初めて実をつけたのに、よく頑張ってくれました、40数
個も。残しておいた2個は私の目前でカラスがさらっていきました。

IMG_0698.JPG

          IMG_0626.JPG

無事冬を越して、来春もまた芽を吹いてくれるかどうか心配です。

菊。今年も目の保養をさせていただきました。いいですなあ菊も。

畑は今、再び玉ねぎとにんにくになっています。来年もまた同じ
ことの繰り返しなのでしょうねえ。元気で居ればですけど、、、、。

IMG_0944.JPG

先日遊びに来た孫たちと、彼女たちが作ったケーキです。

IMG_0687.JPG

          IMG_0691.JPG

IMG_0939.JPG



nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めんそ~れ 沖縄 01日 [観光]

めんそ~れ 沖縄 

01日
私たちが泊まったホテルスマイルの隣りに孔子廟があります。
ホテルをチェックアウトする前に、孔子廟に参って行こうと、07時
に出かけました。

日本人らしい初老の人が三脚を使って自撮りをやっていた。
うちの嫁さんの問いかけに、

「何とか商売してやっていけてるのも孔子様のお陰かと思って、
時間が許す限り御礼を言いに来ているんです」という。

3歳くらいの孫らしい女子を連れた老人は、日本語を全く解さない。
沖縄に住んでいる中国人らしい。

孔子廟に隣接した福州園という庭園も見たかったのですが、時間が
時間だけに格子の隙間から覗くだけに終わった。

IMG_0838.JPG

          IMG_0835.JPG


08時にチェックアウト。トランクを転がして県庁前駅へ。
コインロッカーに荷物を預けて終点の首里に向かう。

牧志を過ぎてしばらくした時、車内放送で懐かしいメロディーが、
サータタタタタタ タタタタタータタタ サーユイユイ

アル中で死んだ兄貴が、中学生の私に教えてくれた安里屋ユンタ
だった。

サー君は野中の茨の花か サーユイユイ
暮れて帰ればやれほに引き止める
マタハーリヌ ツンダラ カヌシャマヨ

次は安里です。お出口は右側です。ホームとの間が広く空いており
ますので、足元に充分ご注意願います。

終点で降りて首里城へぶらぶら歩く。

IMG_0845.JPG

          IMG_0846.JPG

IMG_0847.JPG

          IMG_0848.JPG

IMG_0849.JPG

          IMG_0851.JPG

石垣や石畳に使われている石は野面じゃなくて、亀甲型にきっちり
加工されている。今帰仁城とは全然違う。

城内は修学旅行で糞詰まり状態。高校生の列に紛れてついて行く。

IMG_0852.JPG

          IMG_0853.JPG

IMG_0855.JPG

          IMG_0858.JPG

沖縄戦で焼失し、1992年に復元されたとあって、期待したほどの
重厚さはない。

有名な守礼門。これもなあ~。仕方がない。あるがままを見るのだ。

IMG_0865.JPG

IMG_0862.JPG

IMG_0861.JPG

旅行情報誌にミスリードされて、直ぐ近くにあるはずの県立
博物館へと進む。

ところが、いくら探しても博物館らしきものは見当たらない。

バス停にたたずむご婦人に訊いてみて驚いた。博物館は10年くらい
も前に、おもろ町に引越しましたよ、ですって。

半信半疑のまま最寄りの駅まで歩いて、駅員に確認。ご婦人の情報
どおりで、5駅県庁前駅寄りのおもろ町に向かう。

途中立ち寄った商店で、ハブ酒を買った。やっぱり、、、、なんだ。


IMG_0886.JPG


おもろ町下車。新市街らしく、ちょっと日本離れした大通りを歩くこと20分。
地味な外観の博物館に着く。駅から徒歩5分と書かれた案内もあるよう
ですが、5分では無理でしょう。

IMG_0870.JPG

          IMG_0873.JPG

IMG_0871.JPG

立派な博物館でした。

ローソンの握り飯で時間外れのひるめしをとる。
ちょっと疲れた。歩き過ぎだわ。
嫁さんも疲れたやろ、可哀相に。

16:30のフライトだから、15:30頃には空港に居なくちゃ。
空港でゆっくりするべえ、と県庁前駅で一旦下車、ロッカー
からトランクを拾って、そのまま空港へ向かう。

県庁前から空港まで、モノレールは修学旅行生で超満員だった。
このモノレール、沖縄唯一の電車で大活躍。現在首里が終点だが、
浦添までの延長工事中らしい。貧乏旅行者には大助かりだす。

IMG_0880.JPG

       IMG_0883.JPG

空港4階でソーキそばをよばれて腹ごしらえ。ヤギ肉だとか聞いた。

予定どおり20:10茨城空港に到着。21:00には我が家に着く
予定だったが、めったに使わない夜道で道筋を一つ見間違い、
結果道に迷って21:30までかかってしまった。ごくろうさん。

以上3泊4日の沖縄旅行。旅行社に勤める長女のプレゼント
でした。ありがとう。

楽しかったねえ。沖縄最高! また行きた~い。

沖縄大好き! だ・か・ら 反日とか独立とか止めてよね。
お・ね・が・い!



nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

めんそ~れ 沖縄 31日 [観光]

めんそ~れ 沖縄

31日
本日は本土で予約してあった、那覇バスの美ら海水族館・古宇利島
バスツアーです。

バスの発着場所は昨日の沖縄バスから徒歩10分で、ホテル
からでも20分も歩けば着いてしまう、モノレールの旭橋駅前。

08時半に旭橋駅を出発。今度のガイドさんは少々反米的で、
住宅事情が厳しい日本側と、ゆったりした米軍側とを比較したり
しとりました。

「あ、今、私たちの頭上をオスプレイが飛んでいます」なんて
言われても林間を走るバスの中から見えるはずもない。残念。

ジンベイザメ3匹はさすがに見ごたえがありましたねえ。茨城
にも大洗に結構大きな水族館はありますが、ジンベイザメは
居りません。噂によると大阪には居るそうですね。

IMG_0800.JPG

          IMG_0761.JPG

IMG_0763.JPG

          IMG_0764.JPG

IMG_0781.JPG

          IMG_0783.JPG

IMG_0789.JPG

イルカショーは最高でしたよ。屋内でないのがいいですなあ。

IMG_0765.JPG

       IMG_0767.JPG

IMG_0770.JPG

初めて見たマナティーでしたが、住んでいる水の汚れが酷くて
可哀そうなほどでした。あれは排泄物ではないかと思います。
あんなものフィルターでろ過してやれば簡単だと思うがねえ。

IMG_0776.JPG

          IMG_0771.JPG

昼食は付いていませんでしたが、園内に手ごろなセルフサービス
の食堂があって、賑わっておりました。味も上々。

これで修学旅行の学生と外国旅行者が遠ざかったらどうなる
んだろうと、ふと、思わされてしまいました。

今帰仁城跡-なきじんと読むらしいですが、野面積みの石垣は
見事です。石に染み付いているであろう汗と涙と血は見えません
がね。

IMG_0801.JPG

          IMG_0802.JPG

IMG_0803.JPG

       IMG_0807.JPG

IMG_0809.JPG

城跡から資料館へ向かっていたとき、ヘリコプターとは少し
異なるプロペラ音がして空を見上げると、飛んできました、
オスプレイが2機。憧れのオスプレイをやっと見られましたよ。

資料館の古い民具は使った覚えのある物ばかりでした。久し
ぶりに懐かしい思いに浸りました。思い出すなあ~、ふるさと
のよ~、島根の山の、貧しいくらしを~。

IMG_0812.JPG

          IMG_0817.JPG

IMG_0818.JPG

          IMG_0819.JPG

IMG_0820.JPG

古宇利島-どう見ても無理矢理観光地化した島。架橋には莫大
なお金がかかったことでしょう。オーシャンタワーからの眺め
は結構すばらしい。

IMG_0823.JPG

          IMG_0824.JPG

IMG_0822.JPG

沖縄自動車道を南下し、首里城の脇を通って国際通りまで帰り、
牧志駅近くで途中下車。居心地満点の牧志公認市場の二階へ
再び泡盛を飲みに行った。

IMG_0825.JPG

       IMG_0827.JPG

IMG_0829.JPG

       IMG_0830.JPG

古酒「さくら一番」が購入出来る酒屋を尋ねたら、「きらく」の
店長がわざわざ場外の酒問屋まで案内してくれた。優しいんだよ。

暖かい気持ちでホテルへ帰る。
明日は最終日。首里城へ行かなくっちゃ。

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

めんそ~れ 沖縄 30日 [旅行]

めんそ~れ 沖縄


30日 
予約どおり迎えの車は7時45分にやってきた。

途中何処を走っても道路にゴミが落ちてない。本当に全く
無いのだ。裏の路地だってきれいに掃除されている。

恥を晒すようだが、鹿島神宮を看板に頂く我が鹿嶋では、
ちょっと裏通りに入るとゴミだらけですよ。ゴミで膨らんだ
レジ袋が投げ捨てられていたりする。

「運転手さん。沖縄の人って皆さん、沖縄が中国になって
しまえばいいと思っているんでしょうかねえ」

うちの嫁さんは時々こういうことを平気で口にする。

「いやー。そういう人もいるでしょうけど、少ないと思い
ますよ」 運転手も苦しい対応。

そうだよなあ。沖縄独立論者も居ると聞いたけど、とんでも
ない奴らだよ、全く。

沖縄バスの“おきなわワールドと戦跡めぐり”というコース
で、8時30分に出発しましたが、お客は6人だけで、ガイド
さんもやりにくそうでしたねえ。

おきなわワールドの見どころは玉泉洞という鍾乳洞です。
全長は5kmあるそうですが、そのうち約900mが歩いて
見られるようになっている。

IMG_0729.JPG

       IMG_0738.JPG

通路はそこを流れる地下の川に沿っていて、洞の出口へは
エスカレーターで上がるようになっている。地上がテーマ
パークってわけです。ここも修学旅行の学生でごった返し
ておりました。

IMG_0730.JPG

          IMG_0732.JPG

IMG_0733.JPG

          IMG_0734.JPG

一画に酒造工場があって、大量のハブを漬け込んだガラス
張りのドラムが見えるように置かれてありました。あれが
ハブ酒なんでしょうなあ。

エイサーとかいう太鼓踊りもたっぷり。ハブ公園やハブショー
は残念ながらバスの時間の都合で見送りました。

平和祈念公園は米軍に追い詰められた島民が悲惨な結末を
迎えた沖縄最後の地上戦跡だそうで、多くの婦女子が身を
投げたという絶壁も今となっては血の臭いさえない。むかし
聞いたことがある“ばんざいクリフ”とは此処のことだったかな。

IMG_0743.JPG

          IMG_0744.JPG

IMG_0748.JPG

全国各都道府県が競って造ったように見える慰霊苑は、誰が
仕掛けたのだろうか。あれで犠牲者の魂が安らぐとはとても
思えない。

ひめゆりの塔という映画を若い頃に見たような憶えがある
のだが、私の記憶もあてにはならん。若い男は戦地に散り、
銃後を背負わされた若い女たちは地獄を見せられた。

IMG_0752.JPG

          IMG_0751.JPG

戦争とはそんなものなんだ。戦争で酷い目に合ったのは沖縄
の民だけやない。

ひめゆりの塔の真向かいにある食堂で昼食。結構よく出来た
食事で、昼食としては大満足でした。レストランも売店も
まるでラッシュアワーの駅なみ。

15時半過ぎにツアーを終了。バス会社最寄りのモノレール
旭橋駅から二つ目の美栄橋まで移動。国際通りのちょうど
真ん中辺りまで歩く。5分も行けばドンキホーテに突き当たる。

目当ては牧志公設市場のフードコートです。掛け値なしの
美味い泡盛が飲みたかったのです。『きらく』という店で、
その隣りの店がなぜか道頓堀だって。

IMG_0828.JPG

          IMG_0831.JPG

IMG_0832.JPG

          IMG_0833.JPG

オリオンビールで乾杯の後、泡盛古酒だという“さくら一番”を
豚の耳(ミミガー)、本場のゴーヤちゃんぷるー、ピーナッツ豆腐、
海ぶどう、五目粥、等でやっつけた。最高!

IMG_0892.JPG

何処へ行っても感じるのは沖縄人の優しさだ。特に言葉遣いが柔ら
かで、不快感がない。これは何処から来ているのだろう。美人
多さも圧倒的だ。

人口が減少している本土とは反対に、沖縄では増加傾向なんだ
ってね。判るような気がする。

ま、移住して来て、特殊な葉っぱを栽培する人もいるそうですけど。
南の国に住み着いて、葉っぱのけむに酔い痴れる。いいかもねえ~。

帰路、国際通りにある新垣ちんすこう本舗で、沖縄名物ちんすこう
を購入。宅配で本土へ送った。

IMG_0895.JPG IMG_0893.JPG

新垣さんて音楽家が居ますよねえ。彼もこちらの人なんでしょうか、
なんて嫁さんと話しながらホテルへ歩いた。何年ぶりかなあ、
こうして夜道を二人で歩くなんて。



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

めんそーれ 沖縄

めんそ~れ 沖縄

IMG_0741.JPG

台風シーズンの終りを待って、念願のジンベエザメと
首里城を求めて三泊四日で沖縄へ行ってきました。

29日 
06時に我が家を出発。
茨城空港に車は置きっぱなし。茨城空港の駐車場は
期間無制限で無料なんです。旅行帰りに大枚の駐車料
を取られるより、無料ってのは気分がいいですよ~。

IMG_0705.JPG

08時05分発神戸経由那覇着12時10分。
県庁前でモノレールを降りて時間つぶしのため
トランクをコインロッカーに預けて国際通りへ。

IMG_0708.JPG

       IMG_0882.JPG

IMG_0721.JPG

修学旅行の中高生らしい子供であっちもこっちも一杯。
本当にごった返しておりました。

ドンキホーテの向かい角のかど屋で沖縄そばを食う。

牧志公設市場を見学。入口で私たちを迎えてくれたのは、
怪しげな小瓶を並べた80歳は超えて見えるばあちゃん。

IMG_0712.JPG

IMG_0711.JPG

金蛇精とかハブ源酒とかの派手な商標が如何にも、らしくて、
思わず引いてしまった。

曰く、「いらっしゃい。どうですかこういうのは、二人で
一緒に飲むのがいいんですよ、これは」

「おばあちゃん。自分が試してみてどうでした?」って
訊いてみればよかったなあ。返事は決まってるやろけど。

1階には海産物や珍味の店がずらり。美味そうな魚や貝が
並んでおりまして、それを買って2階のフードコート
持ち込み、料理してもらって食べるってのがお勧めらしい。

IMG_0713.JPG

          IMG_0714.JPG

IMG_0715.JPG

          IMG_0716.JPG

私もそれで一杯やりたかったが、私たちはまだホテル
チェックインも済ませていない。

ぶらぶらと引き返してトランクを拾い、マツモトキヨシの
傍を通ってホテルスマイルへ。チェックインと同時に翌日の
バスツアーを予約した。

旅装を解いていっぷく。晩飯に出かけて居酒屋あうんに入る。
ずいぶん今風に整えられた飲み屋だったが、泡盛の味はも一つ
だったなあ。沖縄で泡盛が美味くなくてどうすんだよ。

不完全燃焼のままホテルへ帰って寝た。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラ猫 [日記・雑感]

ドラ

その頃のうちには立派な楓がありました。寒くなって真紅になる
その様は、本当に見事でしたね。

ただその美しさも花と同じで長くはなく、散った葉っぱは始末が
悪い。雨樋も道路の排水口も詰まらせてしまうのです。

紅葉する前もそれなりに美しいのですが、要するにうちのような
狭い庭に在るべき樹木ではないんでしょうなあ。

ま、その木の傍に家を建てたのは、他ならぬ私なんですけどね。

うちの嫁さんは当初からその木が臭うと言って嫌がっていました。

私は特に何とも思っていなかったのですが、そう言われて気に
かけて見ているうちに、その木の根元が向かいの家のドラ猫の
小便所になっていると判明したのです。

そうと判ったら、私にも臭くて臭くてしょうがない。

猫除け剤も何とも知れない仕掛けも効果はなく、灯油を撒いたり
下痢止めのクレオソートを使ったりしましたが、無駄でした。

一体何が猫をして其処へ引き寄せるのか。

楓は私の気持ちなど何処吹く風。猫の小便を肥やしに元気一杯なん
です。

本当は猫を処分したかったのですが、そうもいかんのが法律の存在。

私は楓を切る決心をする。

猫が木の根元に小便をするからって、その木を切ってしまう。こんな
理屈が成り立っていいと思います? ま、そこには冒頭の落ち葉の
件も関係していたのですけどね。

引き倒して切り刻み、根っこも掘り返す。私の太腿ほどもある木で
結構大変な作業でした。

翌日、穴を埋め戻そうとしたとき、私はちょっとした異変に気づく。

穴の底に新聞紙に包まれた物体があり、土が被せられていたのです。

何だこりゃ!? 恐る恐る開けてみると、中身は何とも妙な物でした。

ナスの様なものを焼いたようで、それに使ったらしい割り箸まで添え
られていました。

一体何の呪いなんだこれは。誰が何のためにこんなことを。

私がそのまま穴を土で埋めるであろうと確信した者の仕業。その意図
するところは何なんだ。

以前から楓の根元に何か埋められていたのだろうか。だとすれば、其処
を恒久的に猫のトイレにするための仕掛けか。

私が其処を掘り返したため、仕掛けも更新する必要があった。

あれから10年。エアーションベンを演じたドラの放物線の着地点は
紛れもなく楓が立っていたところなんです。

尿意を催した猫を引き付ける何かが、あそこにはまだ残っているの
でしょう。

チクショウ! マタタビでも埋めといたろか。

ところで、キウイてマタタビの仲間なんですってね。私がその土地
手に入れた当時、近くにキウイも植えられていたんですが、楓とは3.5m
も離れていましたね。関係あるんでしょうか。

キウイの臭いで興奮したドラが、其処へ来て尿を漏らす。潮吹きか
あいつ。だったら焼きナスみたいな異物は一体何なんだ。

いやー、単なるマーキングだよ、そんなもの。だったりして。

因みに、ドラは、私の船員時代に、モンテヴィデオで仲良くしていた
売春婦の名前です。




言い訳 仕上げ [日記・雑感]

仕上げ 

車庫の工事をやっている間に再び生えてきた雑草を抜き取り、
また直ぐに生えたりしないように、強力な除草剤を撒いた。
これで屋外の作業は終了とする。

IMG_0630.JPG
これはよく効きますよ。

屋内は掃除屋さんが入ってきれいにしてくれたので、あとは
目に付く壁紙の傷みを修繕するだけだ。

ホーマックでそれ用の接着剤と、良く似た色柄の壁紙を少し
買って来て、ぼくの感度抜群の指とで思ってた以上の出来ばえ
となった。

次にサッシやドアの建てつけ不具合を4ヶ所調整。下駄箱の
観音扉も蝶番を修理した。

これで全部終わった。完了です。いつでも住める。

この家は他人に貸すために造ったのではなくて、自分が死ぬ
まで使う積もりだったので、築17年になってもしっかりした
いい家なんだ。設計にも私が深く関与して造ったお気に入り

今からでも自分が住みたいくらいだけど、身は一つで二ヶ所
に住む訳にもいかない。

また誰かに住んでもらうか、状態のいいうちに売却を考える
べきか迷うところ。

いっそのこと売ってしまおうかなあ。税金? う~ん、、、、。

造る時には莫大なお金をかけても、売る時には二束三文なん
だよね。それに+税金では、放置空家も増える道理だわい。

と、まあ、こんな具合いで言い訳話は終りです。右往左往の
結果、3ヶ月余りのパソコン離れとなったのでした。

情けない話です。老いさらぼうて、両立させる体力も気力も
失せてしまったのでしょうなあ。如何に土木好きの私でも、
かなり応えましたよ、これは。

つい先日、NHKで知ったのですが、何とかっていう若い女性
映画監督が“永い言い訳話”という小説を出しているそうですね。

かぶっててごめん。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古武道大会 鹿島神宮 [日記・雑感]

鹿嶋神宮の古武道大会の様子です。
神様も喜ばれたことでしょう、きっと。

IMG_0633.JPG

          IMG_0632.JPG

IMG_0635.JPG

          IMG_0636.JPG

IMG_0639.JPG

          IMG_0643.JPG

IMG_0644.JPG

          IMG_0646.JPG

IMG_0648.JPG

        IMG_0649.JPG

IMG_0652.JPG

          IMG_0653.JPG

IMG_0655.JPG

          IMG_0659.JPG

きりがありませんので、この辺りで。
いいお天気で暑かったです。
ごくろうさまでした。



タグ:奉納演武
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土木工事 ・ 猫 (続) [日記・雑感]

土木工事 ・ 猫 (続)

大体整地が終わったところで、果たしてそのスロープを車が
登れるかどうか試してみる。

IMG_0405.JPG

地面が砂利なので難しい点があって、何回もスロープを削って
傾斜を変えてテストをし、妥協点を探る。

「あんた。自分を中心にして考えちゃ駄目よ。私の運転技術
くらいで考えなくちゃ」と嫁さんがいう。

(そりゃ、無理だよ。ペーパードライヴァーの君を考慮に
入れてちゃ、仕事は進まん) 口から出せない私の声。

とりあえず、私の腕で楽に出入り出来るようになって、良しと
する。

スロープ面を5cmすきとって簡易アスファルトを敷いた。
ハンマーを利用して作った道具を使って打ち固める。

IMG_0409.JPG

          IMG_0411.JPG

IMG_0413.JPG

          IMG_0416.JPG

IMG_0420.JPG

これで砂利が道路に飛び出すのも防げるし、出入りもぐっと
スムーズになった。

室外機との幅も充分だ。ついでに新品のエアコンを設置した。
余裕で使える車庫の完成である。

この頃になると、露出している地面は猫の穴だらけになって
しまった。

そればかりか、間もなく私は猫の飛びションベンを目撃する
ことになる。

侵入しようとして私と鉢合わせたドラが、走り込みながら、
すれちがいざまに飛び上がって腰をひねり、放尿したのです。

それは、完全なエアーションベンなのだ。その尿が描く放物線の
着地場所が、もう何年にもなる因縁付きの地点なのであった。

えっ? まだあの場所は変わらないのか。
その因縁については、また後ほど。

そんなことに関心しとる場合じゃない。一体どうすれば
ええんじゃ。

頭を抱えていたある日、ドラの飼い主(?)が、
「旦那さん。その残土はどうするの」と問いかけてきた。

実はそれについても私は悩んでいたのだ。
「いや、どうしたもんかと悩んどるところなんですよ」

「あ、それじゃ、うちで引き取るってのはどうですか。うちの
裏に水溜りが出来るところがあって、少し地上げをしたいんだ
けど、土が無くてね」

私は跳び上がった。土嚢に目一杯詰め込んだ25袋ほどの残土
でも、業者に処分を頼めば相当にかかる。

という訳で、残土はきれいに無くなったが、ドラ問題はより一層
微妙になった。あまり目立つ対策は無理だわい。

思案の末、ホーマックで茶色のネットを見つけて購入、ドラの
通路を遮断した。

IMG_0437.JPG

          IMG_0438.JPG

最近、室外機の盗難が多いらしいので、防犯対策にと思って
網を張ったんですよ。という私に、

「ええ考えだわ。本当に危ないからね、最近。素敵な網じゃ
ないの」とおばはんは笑った。

やれやれ、、、、。

車庫の完成図です。

IMG_0468.JPG





nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土木工事 ・ 猫 [日記・雑感]

土木工事・猫 

外濠りを埋め終わって、いよいよ本丸攻めって感じでしょうか。

先述のとおり、この車庫は問題を抱えていて、エアコンの室外機
が邪魔をして、軽自動車でも太めだと少々入りづらい。

私にとってはno problem なのだが、慣れない人にとってはかなり
の負担となるようだ。

室外機の位置を変えると、室内壁の正面に醜い痕が丸見えになる。

どう考えても、車庫の入り口を付け替えるのが一番良かろうという
ところに行き着く。

下手の考え休むに似たりだ。どんどんやる。

まず、新しい入り口になるところに生えている私の足首大に育った
ツゲを4本切り払い、根っこも掘り出す。

勿体無いとも思ったが、そんなこと言っとる場合じゃない。

不要になる土を土嚢に詰める。
これは処分するときに扱い易くしておくためだ。

IMG_0401.JPG

続いて、コンクリートブロックを大ハンマーで叩き割って除去する。

IMG_0398.JPG

          IMG_0399.JPG

説明しておきますと、車庫の地面が道路面より50cmほど高いため
ブロックで土留めしてあるのです。どうしても、スロープになる。

これには思わぬ頑丈な鉄筋の存在でひどい目にあった。

途中でけつを割ってしまいそうだったが、こんな半端仕事を引き
受けてくれるような人は絶対に居ない。

そのまま放置することも絶対に出来ない。絶対絶命。
ま、お金さえかければ、楽な方法はいくらでもあるんですがね。

とりあえず、高性能のタガネを一本買い、1300円で乗り切った。

新らしい入口が形になったところで、旧入口を塞ぐ。

既設のカーテンゲート(というらしい)を撤去し、土留め板一枚
55kgを2枚購入、鉄アングルの支柱を4本立ててはめこんだ。

IMG_0402.JPG

       IMG_0403.JPG

IMG_0404.JPG

土を入れてフェンスを立てる。

IMG_0406.JPG

ここまで来て、あちこちに出来た妙な穴ぽこに気づく。

なんと、向かいの住人が飼っている野良猫(?)の仕業であった。

それまで垣根やカーテンゲートで守られていたのに、それらを
あっさり撤去したため、出入り自由になってしまったのだ。

かと言って、私だって一日中猫番をやってるわけにはいかん。
 
それを知ってか知らずでか、私が居るときでも入って来るよう
になった。

クソー! このドラめ、と腹の中は煮えたぎっても、目立った
行動に出るのは問題だ。

こんなことで悩んでて、仕事がはかどらなくなっては元も子もない。

とりあえずは無視して工事続行。

蟻の次は猫かよ、クッソー。世の中空前の猫ブームテレビの中は
猫だらけやないか。

この向かいのドラについては、昔、妙なことがあったなあ。
それは、また次の機会にでも。



nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -